1

⇒麻雀荘の殺人事件から1年が過ぎた。

私はミツルと共に麻雀探偵として仕事をしていた。


ミツル
「麻雀探偵って金にならないね」


「もともと金にならない麻雀屋をやっていたんだから、麻雀探偵に出世しても儲からないのが自然界のおきてだ」

ミツル
「でも麻雀屋なら自然界のおきてに逆らうんでしょ?」


「いや、今の私たちは麻雀探偵。麻雀屋はギャンブラーだが、麻雀探偵はビジネスだ」



ミツル
「そういえば、今回の依頼は何なの?」


「詳しくは聞いていないが、花火大会が関係あるらしい」

ミツル
「花火大会で麻雀のイカサマでも披露するの?」


「いや、そんなことはしない……金に困ったらやるかも」

ミツル
「でもオレ、金ないよ」


「気にするな。金なら私も持っていない」

ミツル
「やばくない?」


「夏だから凍死することはないだろう」

ミツル
「暑くて死にそうだよ〜」


「どこかに小銭でもあれば、アイスが買えるんだが……」

ミツル
「小銭なんて、そう都合よく……」


「だよな〜。ん……」

広告

1

ジャンル:ミステリー・推理

作者:mican

URLをコピーして、あなたの友達や家族にオススメしましょう。

最近のi-bookリスト

人気のi-bookランキング

⇒本を編集する