ハロウィンっていつ頃から普及? その経済効果は?

クリスマスやバレンタインデーなど海外から“輸入”されたイベントの1つとして、近年、存在感を増してきているのがハロウィンではないでしょうか?ハロウィンとは、ケルト人(西ヨーロッパの民族)の文化で、ケルト人にとって10月末が1年の終わりとされ、その日に死者の霊が家族を訪ねてくる、その収穫祭の意味合いがあると言われています。

「東京ディズニーランドが1997年から『ディズニー・ハロウィーン』を開催した頃から、少しずつ認知度が上がってきました。その後、少しずつ秋の文化として普及していきました。それでも、ハロウィンに合わせて何かアクションを起こす人、つまり何かを買ったり、イベントに参加したりする人は、当時はほとんどいませんでした」と妹尾氏。

広告

更新時間: 9月30日(月)14時22分

情報提供: THE PAGE2013年

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2013年09月30日 business ニュース一覧