最大でM9クラス 南海トラフ巨大地震ってどんな地震?

「東海」「東南海」「南海」の3地震が連動して起こるマグニチュード(M)9クラスの「南海トラフ巨大地震」の発生が懸念されています。

南海トラフ沿いの地域では、これまで100年から150年の周期で大規模な地震が発生してきましたが、この巨大地震は「東海」「東南海」「南海」の3つの地震が連動した場合の最大規模の地震・津波を想定したもので、千年に一度のM9クラスとされています。

静岡県の駿河湾から浜名湖にかけて起こるものが東海地震、浜名湖から和歌山県の潮岬にかけて起こるものが東南海地震、潮岬から高知県の足摺岬までの地域で起こるものが南海地震です。

広告

更新時間: 11月25日(月)13時53分

情報提供: THE PAGE2013年

全文を読む

シェアする

オススメのサイエンスニュース

MORE : 2013年11月25日 science ニュース一覧