ソフトバンク電力小売参入、電力自由化のメリット・デメリットは?

現在の制度では、電力は地域ごとに設立された電力会社が独占的に供給することになっています。

しかも電力料金は、電力会社がコストを積み上げる総括原価方式によって算定することになっています。

電力会社間には競争がありませんから、事実上、電力会社の言い値で電気料金が決まっていたわけです。

2013年11月に成立した電力システム改革法(改正電気事業法)では、電力事業への参入や電気料金設定について自由化することが盛り込まれました。

2016年から電力小売業への参入が原則自由となるのですが、ここにソフトバンクが名乗りを上げたわけです。

広告

更新時間: 2月9日(日)10時0分

情報提供: THE PAGE2014年

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2014年02月09日 business ニュース一覧