土星の衛星に生命の可能性ってどういうこと?

この衛星を観測していたのがNASAとESA(欧州宇宙機関)が打ち上げた土星探査機「カッシーニ」です。

エンケラドゥスは、厚さ約40キロメートルの氷に閉ざされた星と考えられていましたが、地表の氷の割れ目から海水が間欠泉のように噴き出している「プリューム」が見つかりました。

さらに、カッシーニが搭載している測定器とナノシリカ粒子が何度も衝突、検出していることから、海水中にこの物質が含まれていることが分かっていました。

広告

更新時間: 3月31日(火)7時0分

情報提供: THE PAGE

全文を読む

シェアする

オススメのサイエンスニュース

MORE : 2015年03月30日 science ニュース一覧