タイガー・ウッズ選手の騒動で有名になったセックス依存症。7つの特徴とは?

1998年、ビル・クリントン氏が現職大統領時代に執務室で不倫行為をしていたこと、2009年、プロゴルファーのタイガー・ウッズ選手の一連の騒動などが、セックス依存症を一躍有名にしたのではないでしょうか。

2013年に改定されたDSM-5では、「過剰セックス障害」として治療の必要性が認知されています。

広告

更新時間: 4月2日(木)22時0分

情報提供: Mocosuku Woman

全文を読む

シェアする

オススメのライフニュース

MORE : 2015年04月02日 life ニュース一覧