プレミアム商品券を巡る論点。必要な「費用対効果」の見極め

国の交付金を使うことで必要な費用を捻出し、地域振興に役立てるとの見方がある一方で、税金を使った「バラマキ」との批判もつきまとう。

プレミアム商品券とは、一定額の商品券を購入すると、地元商店街などでプレミアム(上乗せ分)を含めた金額まで使える商品券のことで、たとえば、1万円で500円券が22枚=1万1000円分=が得られる場合は、1000円分がプレミアムにあたる。

大都市の企業に郊外の自治体から通勤している人の多くは、普段、買い物を都市で済ませることが多いのだろうが、そうした人が居住地の地元商店街で買い物する場合には、地元消費を促すことができる。

広告

更新時間: 5月8日(金)7時0分

情報提供: THE PAGE

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2015年05月01日 business ニュース一覧