iPhoneのクラッシュ問題、対策説明

iMessageで特定の文字列を含むメッセージを受信するとiPhoneがクラッシュする不具合について、米Appleが5月29日付でサポート文書を公開し、当面の対策を紹介した。

Appleはこれについて、「特定のユニコード文字の連続によって引き起こされるiMessageの問題」があることを認め、ソフトウェアアップデートで不具合の修正を予定していると説明した。

アップデートが公開される前に不正なメッセージを受信してメッセージアプリがクラッシュしてしまった場合の対策として、(1)Siriに未読のメッセージを読ませる、(2)Siriを使って不正なメッセージに返信し、返信後にメッセージアプリを再び開けるようになる、(3)メッセージアプリで不正なメッセージをホールドし、「その他」をタップして、スレッドから問題のメッセージを削除する――という手順を紹介している。

広告

更新時間: 6月1日(月)8時18分

情報提供: ITmedia エンタープライズ

全文を読む

シェアする

オススメのサイエンスニュース

MORE : 2015年06月01日 science ニュース一覧