香川・高松の商業施設『ことでん瓦町ビル』名称変更・リニューアル

高松琴平電気鉄道(株)(香川県高松市)は、香川・高松のターミナル駅「瓦町駅」直結の商業施設『ことでん瓦町ビル』の開発を進めており、このほど「瓦町FLAG」(かわらまちフラッグ)という施設名称に変更を決定、2015年10月にリニューアル開業すると発表した。

「瓦町FLAG」は100近くの店舗・テナントが集積する施設となり、物販のみならず、学習・カルチャー・ビューティーといった、生活に根差したテナントや、来訪者の交流を促すような空間を提供するフロア構成とする。

新規出店としては、香川初の出店となる「ジュンク堂書店」(書店)が、7F全フロア+6F一部を利用して、専門書からマンガまで、幅広い書籍を取り揃える。

また、洗練された装いを提案するセレクトショップ「nano・universe」、自然派化粧品・生活雑貨が並ぶ「MARKS&WEB」、既存の人気店である「BEAMS」も商品ラインナップを拡充。

さらには、「高松市市民サービスセンター」に加えて、「ライトフィットネス」「図書館」「多目的スタジオ」「ギャラリー」など、多彩な市民サービス機能を備えて、多くの人が気軽に利用できる空間として生まれ変わる。

広告

更新時間: 7月11日(土)10時7分

情報提供: SUUMOジャーナル

全文を読む

シェアする

オススメのライフニュース

MORE : 2015年07月11日 life ニュース一覧