東名の渋滞緩和へ 新東名、2月13日に御殿場~豊田東つながる

NEXCO中日本によると、これにより東名高速道路と新東名で“ダブルネットワーク”が形成されるため、東名の渋滞緩和、信頼性の向上、3大都市圏の連携強化といった効果が期待できるといいます。

御殿場JCT~豊田JCT間は、東名経由では約220km、所要時間180分程度(※1)ですが、新東名経由では約200km、所要時間120分程度(※2)と、およそ60分もの所要時間短縮になると同社は試算。

そして“ダブルネットワーク”の形成により渋滞が大幅に減少するほか、事故などの通行止め時における代替路にできるため、定時性の確保にも繋がるとしています。

「ダブルネットワークの形成により定時性が確保され、夜間以外の時間帯でも長距離幹線輸送が可能となり、大都市間の当日配送が実現され、配送のスピードアップが期待されます」(NEXCO中日本)

現在、東名の三ヶ日JCT~豊田JCT間では年間600回もの渋滞が発生していますが、今回の新東名延伸によって交通の分散が図られ、大幅な渋滞緩和と交通事故減少という効果も望めるそうです。

広告

更新時間: 12月11日(金)15時32分

情報提供: 乗りものニュース2015年

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2015年12月11日 business ニュース一覧