ダル、6試合連続で勝利なし “ノーラン・ライアン超え”も…

米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュは16日(日本時間17日)、カンザスシティーでのロイヤルズ戦に先発し、6回2/3を投げ、8安打3失点(自責2)。

2―3とリードされた状態で降板、味方が8回に同点に追いついたため、黒星はつかなかったが、登板6試合連続で白星から見放される結果となった。

3回にロビンソンの3号ソロで同点に追いついてもらったが、その裏2死から四球で走者を出し、ムスターカスに適時二塁打を許して再びリードを許してしまう。

4回以降は6回まで無失点に抑えていたが、またも味方が再び同点に追いついた直後の7回裏に2死からビュテラに左前打、続くメリフィールドに左翼線二塁打を浴び、勝ち越しを許してマウンドを降りた。

ダルビッシュはこの試合で6奪三振をマーク、メジャー通算943奪三振とし、ノーラン・ライアンがレンジャーズ時代に記録した939を超えて球団単独4位となったが、白星で花を添えることはできなかった。

広告

更新時間:

情報提供: スポニチアネックス7/17(月) 5:44

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2017年07月17日 all ニュース一覧