日本初?を謳う大阪の店で食す「トリュフ蕎麦」「うなぎの和え麺」

中川清隆店長(36)によれば、「年中通して食べて頂きたい、この美味しさを皆に知って欲しい、ということで専門店にしたとオーナーから聞いてます」とのこと。

中川店長は、18歳から料亭で11年間修業し、そのあと居酒屋、韓国料理、日本料理など、いろんな業態を勉強し、今年の2月から店長を任されている。

「平日は朝の4時までやっています。新地という場所柄、同伴で食事に来る方、アフターで食べに来る方、それからテレビなどメディアで紹介されたおかげで、普段新地に来られないお客様も来て頂いてます」(中川店長)

広告

更新時間:

情報提供: THE PAGE7/28(金) 18:38

全文を読む

シェアする

オススメのライフニュース

MORE : 2017年07月28日 life ニュース一覧