銀の萩野「力不足、悔しいです」 手術後、泳ぎに変化

前回の世界選手権の事前合宿中だった2015年6月、自転車で転んで骨折した箇所。

世界選手権を欠場、手術は回避して迎えた翌年のリオデジャネイロ五輪ではこの種目の銀を含む3個のメダルを取った。

しかし違和感や痛みが消えず、20年東京五輪を見据え、余計な骨を取り除く決断をした。

ところが、手術前と微妙に違う右ひじの感覚が、自由形の泳ぎを変えてしまった。

4月の日本選手権で200メートル自由形は自己ベストより2秒以上も遅かった。

広告

更新時間:

情報提供: 朝日新聞デジタル7/28(金) 1:19

全文を読む

シェアする

オススメのスポーツニュース

MORE : 2017年07月28日 sports ニュース一覧