赤れんが倉庫で光のイベント 京都・舞鶴で名所など投影

赤れんが倉庫の壁に映像を投影するプロジェクションマッピングのイベント「光のクルージング」が28日から舞鶴赤れんがパーク(京都府舞鶴市北吸)で始まる。

市内の名所などの映像を盛り込み、スピード感のある「光の世界」が繰り広げられる。

作品は約30分で、360度撮影できるカメラによる金剛院や引き揚げ桟橋などの映像を使う「イルミネーション」、水平線や波などを表現した「メイン」、クラウドファンディングに協力した市民や企業などの写真やメッセージを映す「みんなの映像」で構成。

広告

更新時間:

情報提供: 京都新聞7/28(金) 13:00

全文を読む

シェアする

オススメのライフニュース

MORE : 2017年07月28日 life ニュース一覧