高校通算最多タイ107号の清宮「勝ったことの方が大きい」

全国高校野球選手権西東京大会準決勝の八王子学園八王子戦で、早実の清宮幸太郎内野手(3年)が、山本大貴(神港学園)が持つとされる。

「ずっと押しこまれていたし、インコースもずばずば攻められていた。思い切って振りにいった」。

2ボールからの3球目、外角の変化球をとらえた打球はライナー性の弾道でそのまま左中間スタンドに飛び込んだ。

これで高校通算最多本塁打の記録更新に王手をかけたが、「個人的には(記録より)勝ったことの方が大きい」とチームの勝利が最優先であることは揺るぎない。

広告

更新時間:

情報提供: スポニチアネックス7/28(金) 13:03

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2017年07月28日 all ニュース一覧