男児が毒ヘビにかまれた場所 伊丹の公園ではなく宝塚の寺の参道だった

兵庫県伊丹市内で小学5年の男児(10)が毒ヘビにかまれて一時意識不明になった事案について、伊丹署は31日、男児がヤマカガシとみられるヘビを見つけてかまれた場所が、同市内の公園ではなく、宝塚市切畑の寺の参道だったと発表を訂正した。

かまれた男児と同行していた同級生から話を聞いて判明したという。

広告

更新時間:

情報提供: 神戸新聞NEXT7/31(月) 13:50

全文を読む

シェアする

オススメのローカルニュース

MORE : 2017年07月31日 local ニュース一覧