クルマ1台のモデリングに6カ月 サーキット風景も徹底再現する「グランツーリスモ」の“やりすぎる”こだわり 山内社長に聞く

ハンドルの先に見えるサーキットの路面や風景などを忠実に再現するのも、リアルな体験をユーザーに与えるには重要だ。

さらにコース脇に生えている樹木の葉っぱも、樹種ごとに反射率や透過率、絶対的な色を測定して完全再現するこだわりようだ。

これらを正確に測定しておくと「雨で樹木の葉に薄い水膜が張ったとき、どのように見た目が変化するか」といったものが計算で求められるため、天候変化の表現などもクオリティーを保ったまま対応しやすくなる。

他にも、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)の敷地内にある観覧車のどだいとなる鉄材やボルト一本までモデリング上で再現するなど、こだわりの部分は挙げればきりが無い。

広告

更新時間:

情報提供: ITmedia NEWS7/31(月) 13:29

全文を読む

シェアする

オススメのサイエンスニュース

MORE : 2017年07月31日 science ニュース一覧