焦点:安倍改憲シナリオ、支持率低下で自民内に異論 解散観測も  

安倍首相は焦点である9条について、戦争放棄を明記した1項、戦力不保持と交戦権の否定を規定した2項を残して、自衛隊を認める3項の新設を提案している。

ただ、自民党の船田元・憲法改正推進本部本部長代行は「党内での一番の相違点は、9条2項を残すか、なくすかという点。 自衛隊は国際的にみて戦力だと言われているし、それにきちんと答えて軍隊として位置付け、自国を守ることを完璧にしたい(だから2項は廃止する)という人が、自民党内にはかなりいる」と述べ、党内調整に時間がかかるとの見方を強くにじませた。

広告

更新時間:

情報提供: ロイター7/31(月) 15:12

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2017年07月31日 business ニュース一覧