夜釣り中の父子死亡=誤って川に転落か―東京

31日午前2時25分ごろ、東京都江東区猿江の横十間川で、「夜釣りをしていた夫と息子がいない」と女性から110番があった。

警視庁深川署と東京消防庁が行方を捜したところ、約4時間後に約100メートル下流の川底で男性と少年が発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。

同署によると、2人は近くに住む東京消防庁職員の高橋静磨さん(47)と長男で小学3年の雪途君(9)。

30日午後8時ごろから釣りに出掛けており、帰宅が遅いため心配した高橋さんの妻が見に行ったところ、2人の姿はなく釣り道具が残されていた。

広告

更新時間:

情報提供: 時事通信7/31(月) 13:02

全文を読む

シェアする

オススメのジャパンニュース

MORE : 2017年07月31日 japan ニュース一覧