ヤマト営業赤字100億円に 未払い残業代を追加計上

宅配便最大手ヤマトホールディングスは31日、今年4~6月期の営業損益が100億円の赤字になったと発表した。

追加の勤務実態調査で見つかった残業代の未払い分、52億円を計上したのが主な要因だ。

ヤマトは2月から全社的な勤務実態調査を始め、4月に約190億円の残業代未払いがあったと発表し、2017年3月期に費用として計上した。

そこで追加調査に踏み切り、6月に約40億円が新たに見つかったと発表していた。

決算発表に向けて残業時の賃金割増率などを精査し、さらに12億円増えるとわかったという。

広告

更新時間:

情報提供: 朝日新聞デジタル7/31(月) 20:39

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2017年07月31日 business ニュース一覧