トレードと新規契約期間終了 開幕後のトレードは4件、うち3件が日本ハム

7月31日に発表された日本ハム・谷元の金銭トレードによる中日移籍、7月26日の巨人・クルーズの楽天への金銭トレード、7月25日のヤクルトの杉浦と日本ハム・屋宜との交換トレード、7月7日のDeNA黒羽根と日本ハム・エスコバーの交換トレードで、3件に日本ハムが絡んだ形となった。

新外国人選手は2年ぶりの日本球界復帰となったロッテのペーニャら8人が入団し、育成選手は14人が支配下選手に昇格した。

戦力外などにより契約を放棄された選手を他球団が獲得するウエーバー移籍は、8月1日以降も可能となっている。

広告

更新時間:

情報提供: スポニチアネックス7/31(月) 19:51

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2017年07月31日 all ニュース一覧