白鵬の記録を打ち破れるか?「叩き上げ」で横綱を目指す三段目・徳田の覚悟

名古屋場所で横綱・白鵬が打ち立てた通算勝ち星1050勝は、破るのがとてつもなく困難な記録だ。

年6場所15日間相撲を取る十両以上で、全勝し続けても11年以上かかるこの数字を打ち破るような力士は、今後出て来るのだろうか。

石浦、照ノ富士らを輩出した鳥取城北高校相撲部からの誘いは「高校3年間通うより自分のために頑張るほうが良い」と考えて断った。

「真剣な勝負が出来ていることが嬉しい。まだ良く分からないけどプロに入って良かったと思います」。

入門直後は怪我で休場が続いたが、武蔵川親方(元横綱・武蔵丸)の徹底した左四つの形の指導のおかげで、成長も実感できているという。

広告

更新時間:

情報提供: スポーツ報知8/1(火) 16:02

全文を読む

シェアする

オススメのスポーツニュース

MORE : 2017年07月31日 sports ニュース一覧