真矢ミキ、カンニング竹山の“一線”は「ゴムでできてるんですか?」

女優の真矢ミキが14日、TBS系「ビビット」で、一線を越えたことはないと主張するお笑い芸人・カンニング竹山に対し「(竹山の一線は)ゴムかなんかで出来てるんですか?」と突っ込み、スタジオは笑いが巻き起こった。

一連のVTRを見終わった後、古谷有美アナウンサーが「どこからが一線なのか、はたまた一線を越えているのか、皆さん気になるところですが」と、クロ認定の根拠となる“一線”の定義について触れると、国分太一が竹山に「一線については以前もお話をした覚えがありますが、竹山さん、一線は自分の中で決めるものでしたっけ?」と質問。

過去、複数回に渡って不倫を報じられた過去を持つ竹山の、あまりにも堂々とした言いぐさに、真矢は「竹山さんの一線はすごいですね」「ゴムか何かの素材でできてるんですか?ビヨヨーンって」と突っ込み。

これに竹山は「真矢さん、朝からゴムとか言っちゃダメですよ。誤解する人いますよ」と笑いながら突っ込み返して、スタジオは更に笑いが巻き起こっていた。

広告

更新時間:

情報提供: デイリースポーツ8/14(月) 11:05

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2017年08月14日 all ニュース一覧