伝説のクソゲー「たけしの挑戦状」 スマホ復活のワケを聞いた

ファミコン用ソフトの「たけしの挑戦状」が、スマートフォン・タブレット向けのゲームアプリとして2017年8月15日に復活した。

ネットでは、変わらぬゲーム内容を楽しんでいる声などが上がっているが、一体なぜ復活することになったのだろうか。

「たけしの挑戦状」は、タイトー(東京都新宿区)が1986年に発売したファミコンのアクションアドベンチャーゲーム。

ストーリーは、サラリーマンの主人公が宝探しの冒険をするというものなのだが、その独特の内容や攻略本なしにはクリアが出来ないと言われる難易度の高さから、ネット上では「クソゲー」と言われている。

スマホゲーム化に伴って、新ステージの「あめりかステージ」や、作品内で出てくる「ひんたぼ島」の住民が話すオリジナル言語「ひんたぼ語検定」が新しく追加されるなど様々にバージョンアップしている。

広告

更新時間:

情報提供: J-CASTニュース8/20(日) 7:00

全文を読む

シェアする

オススメのサイエンスニュース

MORE : 2017年08月20日 science ニュース一覧