昔は伊勢・鳥羽、いまUSJ 修学旅行様変わり 総合学習が影響

昭和40年代に一部の学校が岡山方面に変更し、二十数校にまで拡大するが、経費や交通機関の問題があり、5年ほどで途絶えた。

行き先変更に最も影響したと考えられるのが、学習指導要領の改定で2002年度に導入された「総合的な学習の時間」(総合学習)。

同課の担当者は「総合学習の導入で、修学旅行の位置付けは児童同士の交流から授業の一部に変わった」とみる。

古都で歴史を学びつつ、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)や鈴鹿サーキットなどの訪問で遊びの要素も効率的に組み込めるのが人気の理由だ。

広告

更新時間:

情報提供: 神戸新聞NEXT8/20(日) 14:00

全文を読む

シェアする

オススメのローカルニュース

MORE : 2017年08月20日 local ニュース一覧