大学生「自分が産んだ」 乳児死体遺棄容疑で送検

牧之原市波津の茶畑付近で乳児の遺体が見つかった死体遺棄事件で、牧之原署などに死体遺棄の疑いで逮捕された県立大看護学部3年生(20)=静岡市駿河区曲金=が「自分が産んだ」と供述していることが19日、捜査関係者への取材で分かった。

同署などは、DNA型鑑定を実施して裏付け捜査を進めるとともに、遺体の状況などから乳児が出産後間もなく遺棄された可能性があるとみて詳しい経緯を調べている。

広告

更新時間:

情報提供: @S[アットエス] by 静岡新聞SBS8/20(日) 8:23

全文を読む

シェアする

オススメのローカルニュース

MORE : 2017年08月20日 local ニュース一覧