大阪桐蔭の「最強世代」始動 「山積みの課題がある」

仙台育英に九回逆転サヨナラで敗れ、春夏連覇の道が断たれた大阪桐蔭が、敗戦から一夜明けた20日、新チームの練習をスタートさせた。

「甲子園に行けたのは3年生のおかげ。良いところを学べたのはチームとしてプラスです。ただ、自分たちはほかの大阪のチームよりもスタートが遅れていて、山積みの課題がある」。

「外から見ると、声や動きがばらばらで、弱そう。今の2倍も3倍も声を出さないといけない」と感じた。

広告

更新時間:

情報提供: 朝日新聞デジタル8/20(日) 20:44

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2017年08月20日 all ニュース一覧