<広島土砂災害3年>一つの墓に新婚夫婦とおなかの赤ちゃん

アパートが流され、身ごもっていた小さな命と共に犠牲となった新婚夫婦、湯浅康弘さん(当時29歳)と妻みなみさん(同28歳)。

みなみさんの父、若松順二さん(54)=香川県東かがわ市=は災害が起きて3年となる20日、アパートの跡地に立ち、最愛の娘らに静かに語りかけた。

康弘さんとみなみさんは勤め先の先輩と後輩で、約6年間の交際を経て2013年10月に結婚。

広告

更新時間:

情報提供: 毎日新聞8/20(日) 22:46

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2017年08月20日 all ニュース一覧