年収が変われば「間取り」も変わる? 人気の間取りを調査!

この調査は、マンションサプリが30~50代の男性を対象に、初めての就職時の年収と現在の年収を比較し、年収額の上下によって住まいの間取りに違いがあるのか調べたものです。

一方、「ワンルーム」あるいは「1K/DK/LDK」に住んでいる人は年収がアップした人で合わせて25%なのに対し、年収が変わらない人は合わせて44.8%と、大きく違いがあるようです。

・ 年収アップによって広い部屋に引っ越している層はある程度いると考えられますが、それよりもむしろ、結婚や子育てなどによって家族構成が変わった人と、そうではない人による違いともいえそうです。

社会人になりたての収入では手の届かなかった家でも、「収入がアップしたら引っ越す」という人も少なくないのではないでしょうか。

今回マンションサプリでは、初めての就職時の年収と現在の年収を比較し、年収額の上下によって住まいの間取りに違いがあるのか調査しました。

広告

更新時間:

情報提供: 投信18/20(日) 8:15

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2017年08月20日 business ニュース一覧