年収600万円男性は「結婚」が先か、それとも「結婚資金の貯金」が先か。

年収600万円といえば、平成27年度分の「民間給与実態統計調査」で示されている男性サラリーマンの平均年収(521万円)を上回る年収です。

A氏がなぜなのかとB氏本人に聞いてみると、いろいろな理由を並べるものの、最後にはいつも「結婚をするための貯金がない」と口にするのだそうです。

B氏は両親にはその理由を詳細に語っていないようですが「最終的には貯金がないということと、結婚する相手には専業主婦になってほしいという願望があって、そのことを考えると現在の自分の収入ではやっていけない、ということのようだ」とA氏は話します。

広告

更新時間:

情報提供: 投信18/20(日) 20:25

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2017年08月20日 business ニュース一覧