我が家はこの方法で家電を「ネット底値(価格コムなど)」よりも大幅に安く購入しています

ただし、探している時間のロスを時給換算して考えると、費用対効果が薄くなる場合もあるので、「底値探しが趣味なのよ~」と言う「節約を心から楽しむことが出来る人」限定でお勧めします。

リアル店舗では光熱費、家賃、人件費がかかっているのでネット底値より高いのは当然ですが、底値を提示すればある程度値引きしてもらえます。

ネットを見ていると「ネット底値よりも値引きしてもらえた、同値にしてもらえたと」いう口コミが多く見受けられますが、そこまでの値引き交渉は私たち気弱な(?)主婦にはちょっとハードルが高いですよね。

もしお目当ての家電を購入するまでに時間のゆとりがあるのであれば、絶対にやるべきなのが「足で稼いで底値をゲットする方法」です。

広告

更新時間:

情報提供: マネーの達人8/20(日) 12:02

全文を読む

シェアする

オススメのライフニュース

MORE : 2017年08月20日 life ニュース一覧