バイク販売低迷、ピークの1割…原付き振るわず

手頃な価格の軽自動車や電動アシスト自転車が人気となり、身近な移動手段だった原付きバイクの販売が振るわないためだ。

二輪車大手は利幅の大きい中・大型に力を入れるなどして打開したい考えだが、若者のさらなるバイク離れを招く恐れもあり、難しい対応を迫られている。

「バイクの日」の8月19日、ホンダ、ヤマハ発動機、川崎重工業、スズキの大手4社は東京都内で合同記者会見を開いた。

ヤマハ発の柳弘之社長は国内について「特に原付きが厳しい」と危機感をあらわにした。

日本自動車工業会(自工会)によると、2016年のバイクの国内販売台数は33万8000台で、ピークの1982年(328万5000台)の10分の1に縮小した。

広告

更新時間:

情報提供: 読売新聞8/20(日) 11:40

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2017年08月20日 business ニュース一覧