大阪桐蔭悲運の一塁中川卓也、打者走者と交錯の伏線

仙台育英(宮城)馬目郁也内野手(3年)のサヨナラ打で終止符が打たれた。

1点リードの9回裏2死一、二塁で遊撃への平凡なゴロ。

無失点に抑えていた柿木は笑顔でグラブをたたき、ベンチからは控え選手もグラウンドへ。

広告

更新時間:

情報提供: 日刊スポーツ8/20(日) 7:51

全文を読む

シェアする

オススメのスポーツニュース

MORE : 2017年08月20日 sports ニュース一覧