福山雅治、武井ママにメロメロ 上目遣いの熱視線に即陥落

歌手で俳優の福山雅治(48)がこのほど、女優・武井咲(23)が主演するテレビ朝日系ドラマ「黒革の手帖」(木曜、後9・00)の都内の収録現場を表敬訪問。

福山はドラマの主題歌「聖域」(13日発売)を担当している縁で、劇中に登場する銀座のクラブ「カルネ」のセットに足を踏み入れ、ママの原口元子を演じる武井に花束をプレゼントした。

歓談を終えて現場を去ろうとした瞬間、武井から「福山さんがラジオでこのドラマのことをすごくお話してくださってると聞きまして、今度はぜひお邪魔させていただきたいんです」とオファーされた。

「喜んで。放送で言ってみるもんですね」と鼻の下を伸ばし、その場で自身がメインパーソナリティーを務めるJFN系「福のラジオ」(土曜、後2・00)への武井の出演を了承した。

武井に対しては「役とはいえ23歳でこの交渉術を覚えてしまうと大変ですよ」と大人として注意を促す一幕もあったが、武井の「こんなに見守ってくださってたなんて…」と上目遣いでの熱視線に即陥落。

広告

更新時間:

情報提供: デイリースポーツ8/24(木) 15:40

全文を読む

シェアする

オススメのエンタメニュース

MORE : 2017年08月24日 entertainment ニュース一覧