<東芝>半導体事業 売却先、WD軸に 日米韓連合は難航

経営再建中の東芝が、半導体メモリー事業の売却先について、協業相手である米半導体大手ウエスタン・デジタル(WD)の陣営を軸に交渉していることが分かった。

官民ファンドの産業革新機構を中心とする「日米韓連合」との優先交渉が難航しているため、WDとの交渉を加速させて8月中の契約を目指す。

東芝は6月、革新機構と政策投資銀行、米ファンドのベインキャピタル、韓国半導体大手のSKハイニックスでつくる日米韓連合を優先交渉先に選んだ。

広告

更新時間:

情報提供: 毎日新聞8/24(木) 7:00

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2017年08月24日 business ニュース一覧