「人工知能ってどこでダウンロードできるんですか?」→無理です

2017年現在、ビジネスの現場で「人工知能」という言葉が使われるとき、それが指し示す意味はほぼ「ディープラーニング(深層学習)」と同義です。

そのため、Googleの機械学習ライブラリ「TensorFlow」や、Preferred Networksが開発したライブラリ「Chainer」がそうしたプログラムだと言えなくもありません。

あくまで、人工知能が物事を学んだり、判断したりするための基準である「アルゴリズム」を作成するプログラムにすぎないためです。

ダウンロードしてすぐに使える――まるで“電子レンジでチン!”すれば、すぐに食べられる総菜や冷凍食品のような、誰もが簡単に扱える人工知能の登場は、まだまだ先の話でしょう。

広告

更新時間: 8/24(木) 8:51

情報提供: ITmedia エンタープライズ

全文を読む

シェアする

オススメのサイエンスニュース

MORE : 2017年08月24日 science ニュース一覧