マリアナ海溝で魚を撮影=海洋機構など「最深記録」

海洋研究開発機構は24日、NHKと共同で、5月18日に米グアム島近くにあるマリアナ海溝の水深8178メートルで魚の映像撮影に成功したと発表した。

クサウオ科の「シンカイクサウオ」に似た別種とみられ、海洋機構の深海調査船「かいれい」から下ろした無人観測装置の高精細なカメラで捉えた。

中国科学院が4月、マリアナ海溝の水深8152メートルで魚の映像を撮影したと発表していたが、海洋機構の小栗一将主任技術研究員は「正確に水深を測定した魚類映像では世界最深記録になる」と話している。

無人観測装置をマリアナ海溝の北部斜面に着地させると、餌として取り付けておいたサバに小型甲殻類のヨコエビ類が群がって食べた。

シンカイクサウオに似た魚はそのヨコエビ類を狙って出現しており、別の日に水深7498メートルで同様の撮影を行った際にはヨコエビ類を食べる様子が見られた。

広告

更新時間:

情報提供: 時事通信8/24(木) 17:24

全文を読む

シェアする

オススメのサイエンスニュース

MORE : 2017年08月24日 science ニュース一覧