西武 菊池の反則投球に「言いたいこともあるけど」佐藤塁審「4月と明らかに違う」

西武の菊池雄星投手(26)は24日のソフトバンク戦の初回、先頭打者の川島への初球がいきなり二段モーションの反則投球と宣告された。

試合後、責任審判の佐藤一塁塁審は菊池の反則投球について「一連の動作ではなく、右足の段がついている」とコメント。

自己ワーストタイの7失点で6敗目を喫した菊池は「今回は反則投球以前の問題。力不足」としながらも、「言いたいこともあるけど我慢して前に進みたい。時間があればワインドアップも考えるけど、調整する時間も取れないので」と話した。

広告

更新時間:

情報提供: スポニチアネックス8/24(木) 22:05

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2017年08月24日 all ニュース一覧