白鵬の長男・真羽人君が父の敵討ち 最多勝王手で敗れた御嶽海に完勝

大相撲の夏巡業が24日、東京・お台場で行われ、横綱・白鵬(32)=宮城野=の長男で小3の真羽人君(8)が関取衆と対戦する子供相撲に参加した。

父が、勝てば通算最多1047勝に並ぶ名古屋場所11日目に敗れた関脇・御嶽海(出羽海)に完勝し、パパの雪辱を果たした。

土俵上で「戦いたい」と御嶽海を指名し「押し出せなかったので投げた」と父親譲りのセンスを披露。

「当たりが強いし技は親譲り。世代交代ですね…」と16歳年下の逸材からリベンジを受けた御嶽海はしょんぼり。

広告

更新時間:

情報提供: スポーツ報知8/25(金) 7:03

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2017年08月24日 all ニュース一覧