脱水・熱中症予防に!知っておきたい水分補給の基本

ドロドロになってしまった血液は流れを悪くするだけではなく、血液量そのものも減っているため、身体にたまった熱を逃がすことや、筋肉を動かす機能が低下します。

身体が水分不足になると筋肉のみならず、頭痛やめまい、吐き気など体調に変化が現れます。

水分不足の状態をそのままにしておくと、やがて脱水から熱中症へと症状が移行していきます。

熱中症は炎天下の夏特有のものではなく、湿気の多い時期や曇りの日でも起こることがあるので注意が必要です。

広告

更新時間:

情報提供: All About8/24(木) 19:45

全文を読む

シェアする

オススメのライフニュース

MORE : 2017年08月24日 life ニュース一覧