ホンダジェットは初の世界一、MRJはまたトラブル。なぜこうも違う?

ホンダの米子会社が製造・販売する「ホンダジェット」の2017年上期(1―6月)の出荷が24機になり、小型ジェット機市場で初めて世界一に立った。

MRJの試験飛行中にエンジンが停止したのは初めてで、同社は原因を調査している。

こうした遅れやトラブルについて、同機の「国際分業」が原因ではないかという指摘もある。

広告

更新時間:

情報提供: ニュースイッチ8/24(木) 7:38

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2017年08月24日 business ニュース一覧