仏で痩せすぎモデル起用禁止に 日本でもポッチャリタレント需要増?

フランスの名門ブランドであるモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンとケリングが、ショーなどで痩せすぎのモデルを起用しないよう傘下デザイナーに義務付ける指針を発表したことが話題になっている。

また、10月からは同国内での出版やネット上での公開、またはポスターやカタログなどで使用する写真において、実際より痩せて見えるようにレタッチ(画像修正)した場合、その旨を明記しなければならない法律が施行されるという。

違反すれば高額の罰金を支払わなければならないそうだが、もとはといえば若者の健康被害につながる危険がある、というところが発端だという。

「ファッション誌の読者モデルにスカウトされ、生活が一変する主婦」という役どころもあってか、痛々しいほど痩せている、とネットでささやかれた。

一方で、同じファッション界を舞台にしたドラマでも「カンナさーん!」(TBS系)はポッチャリタレント、渡辺直美がデザイナー役で主演と対照的だった。

広告

更新時間: 9/8(金) 18:15

情報提供: THE PAGE

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2017年09月08日 all ニュース一覧