<ANA>最新鋭機エアバスA321neo 国内初公開

全日本空輸(ANA)は8日、日本の航空会社で初めてエアバスの最新鋭機エアバスA321neoの納入を受け、羽田空港(東京都大田区)で報道陣に公開した。

エアバスA321neoは、新型エンジンを採用することで従来機のA321ceoより燃費を15%向上させた最新型機で、国内の航空会社としては初導入。

全席にタッチパネル式のパーソナルモニターを設置し、プレミアムクラスは国内線仕様では初めて電動リクライニングシートを採用。

広告

更新時間: 9/8(金) 17:15

情報提供: 毎日新聞

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2017年09月08日 business ニュース一覧