清宮争奪10・26ドラフト急変 撤退球団が続出か

会話が弾み手応えがあった球団、なかった球団の反応は様々だったが、清宮サイドと実際に対面したことで10球団が共通して再認識した確信情報がある。

面談に立ち会った某球団の関係者は「面談の中で多くの時間がお父さんからの質問だった。個人的な球界人脈もあるからか、結構詳しい情報も知っておられて、こちらがたじろぐ質問も一つや二つではなかった」と克幸氏の見識の広さに舌を巻いた。

一方で、面談を終えた各球団のスカウトたちは「ウチはこうだったけど、そっちはどうだ?」「あそこはこんなことを言われたらしいぞ」などと、それぞれ“横”の情報交換をしながら他球団との温度差を実感したという。

広告

更新時間: 10/7(土) 11:01

情報提供: 東スポWeb

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2017年10月07日 all ニュース一覧