「犯人は埼玉に」偽装 宮崎勤元死刑囚の供述詳細が判明 幼女連続誘拐殺人事件

昭和63年から平成元年にかけ東京と埼玉で起きた幼女連続誘拐殺人事件で、宮崎勤元死刑囚=20年に死刑執行、当時(45)=が逮捕された際の、取り調べの詳細なやりとりが6日、判明した。

公判で「覚めない夢の中でやった」などと述べ精神鑑定されたが、逮捕当時は逡巡(しゅんじゅん)しながらも事件の経緯を淡々と語っていた。

裁判記録や複数の関係者によると、宮崎元死刑囚は動機について、「子供が欲しかった」と話し、大人の女性に相手にされなかったが、誘拐することで子供を持つことができると思ったとして4人の幼女を誘拐。

2年3月の初公判で宮崎元死刑囚は殺意を否認し、弁護側は意見陳述で「遺体の一部を食べた」など、それまでの取り調べでは語られていなかった事実を明かしていた。

広告

更新時間: 10/7(土) 11:01

情報提供: 産経新聞

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2017年10月07日 all ニュース一覧