吉本はなぜNetflix、Amazonと組んだのか:大崎洋吉本興業社長が語った9000字

Netflixで配信したドラマ『火花』は世界190カ国で視聴され、明石家さんま、松本人志、浜田雅功ら大物芸人が続々とAmazonやNetflixに活動の場を広げている。

Business Insider Japan(BI):NetflixやAmazonで、次々に吉本興業の動画コンテンツを制作しています。

大崎洋・吉本興業社長(大崎):実は、Netflixの人たちとは1回食事しただけで、Amazonの人とは会ったことがないんです。

二十数年前、インターネットが出てきたころだったかな、新しいメディアの黒船がアメリカから来るのかな、ひょっとしたら中国からも赤船が来るんと違うかなと、ぼやっと思っていました。

広告

更新時間: 10/7(土) 12:10

情報提供: BUSINESS INSIDER JAPAN

全文を読む

シェアする

オススメのサイエンスニュース

MORE : 2017年10月07日 science ニュース一覧