「機動戦士ガンダム」のザクとうふで豆腐業界に革命。アイディア商品の生み出し方

そこに『ザクとうふ』『飲むとうふ』など、これまでにない商品を開発・販売し、業界に革命をもたらした相模屋食料の中心人物である、相模屋食料社長・鳥越淳司氏。

言わずと知れた、人気アニメ『機動戦士ガンダム』に登場するキャラクター・ザクの頭部の形をした豆腐なのだ。

朝9時半からスーツでスーパーに行き、かごの中に『ザクとうふ』だけを沢山いれて帰っていくという珍妙な光景を見たのだという。

最初、スーパーのバイヤーに「ザクとうふ」を見せた時、ガンダム好きな人は「おお!!」と盛り上がってくれたが、知らない人からは「鳥越さん、もっと真面目にやったら?」と言われたそうだ。

広告

更新時間: 10/7(土) 11:30

情報提供: ホウドウキョク

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2017年10月07日 business ニュース一覧