【MLB地区シリーズ】ヤンキース「30秒ルール」に泣き崖っぷち チャレンジ間に合わず満塁被弾

サンチェスの2ラン、ヒックスの3ランで相手先発クルーバーをKOしたヤンキースは、5回にはバードの2ランで追加点を奪取。

しかし、6回1死一塁の場面でジラルディ監督はまだ77球だったサバシアに代えて、ワイルドカードゲームで好投したグリーンを投入。

ゴームスの二塁打、チゼンホールの死球で2死満塁とされると、リンドーアに右翼ポール直撃の満塁弾を浴び、1点差とされた。

2ストライクからファウルで粘られた後の7球目は、手をかすめて捕手サンチェスのグラブに収まったとの判定だったが、スロー映像で見る限り、バットのグリップエンドに当たっていた。

広告

更新時間: 10/7(土) 13:11

情報提供: Full-Count

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2017年10月07日 all ニュース一覧