<わろてんか>ヒロインの兄・新一まさかの“ナレ死” いきなり「遺影」で登場…衝撃広がる

葵わかなさん主演のNHKの連続テレビ小説「わろてんか」の第12回が14日に放送され、千葉雄大さん演じるヒロインの兄・新一が、まさかの“ナレ死”だったことから視聴者の間で衝撃が広がっている。

前日の第11回で新一は、持病のぜんそくが悪化し、余命幾ばくもないことが判明したが、最後は笑顔を浮かべるところで放送は終了していた。

すかさず「新一は家族の笑顔に包まれて、静かに息を引き取りました」とナレーションが流れるという、まさかの展開で、ツイッターで「新一、ナレ死」がトレンド入りした。

千葉さん演じる新一は、病弱な体であるため、どんな病気でも治せる薬の開発に人一倍強い意欲を見せる信念の男で、物腰の柔らかさやはかなげな雰囲気、丸メガネからのぞかせる温かく見守るようなまなざしも魅力で、視聴者から「朝から癒やされる」との声が多数上がっていただけに、その死の描かれ方は衝撃だったようだ。

「わろてんか」は、京都の老舗薬種問屋の長女で、笑いをこよなく愛するヒロイン・藤岡てん(葵さん)が、大阪を日本一の笑いの都にしていく姿を描く一代記。

広告

更新時間: 10/14(土) 13:01

情報提供: まんたんウェブ

全文を読む

シェアする

オススメのニュース

MORE : 2017年10月14日 all ニュース一覧