<SNSメッセージ>嫌気差したフリーランスの決断

A男さんは独立したのだから、「これまで経験のない仕事にもチャレンジしたい」と考え、大学時代の友人や取引先関係者と積極的に会うようにしていました。

その様子をSNSに投稿すると、それを見たB社長から「飲み会、楽しそうですね。X社の仕事の進捗(しんちょく)は大丈夫でしょうか」などのメッセージが入るようになったのです。

A男さんは人と会っている時は、仕事に関するメールやメッセージの返信をしないようにしていました。

しかしB社長からのLINEのメッセージを未読にしていると、フェイスブックにもメッセージが来ます。

広告

更新時間: 10/14(土) 9:30

情報提供: 毎日新聞

全文を読む

シェアする

オススメのビジネスニュース

MORE : 2017年10月14日 business ニュース一覧